シネマトゥデイ

ファイナル・デッドコースター (2006)

2006年9月9日公開 93分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ファイナル・デッドコースター
(C) MMV NEW LINE PRODUCTIONS,INC. ALL RIGHTS RESERVED

見どころ

予知夢を見た若者たちが次々に事故死する『ファイナル・デスティネーション』『デッドコースター』に続くパニック・ホラーの最終章。ジェットコースターの座席順にめぐる死から逃れようともがく若者たちの戦いを描く。不思議な力を持つヒロインを熱演するのは、『ザ・リング2』のメアリー・エリザベス・ウィンステッド。彼女を助ける友人役に、人気テレビシリーズ「TAKEN」にも出演しているライアン・メリマン。「X-ファイル」シリーズや「24 TWENTY FOUR」シリーズを手がけたスタッフたちによるスリリングな映像は必見。

あらすじ

ウェンディ(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)は、高校の卒業イベントでアミューズメント・パークを訪れた。ジェットコースターに乗り込んだ彼女は、乗っているジェットコースターが事故でクラッシュする予知夢を見てパニックになる。隣に座っていた友人のケヴィン(ライアン・メリマン)とともに乗車を拒否した後、実際に事故が起きて乗客全員が死亡した。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
FINAL DESTINATION 3
製作国
アメリカ
配給
  • ギャガ・コミュニケーションズ
カラー/シネマスコープサイズ/ドルビーSR/ドルビーデジタル/R-15
(シネマGAGA! ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]