シネマトゥデイ

I am 日本人 (2006)

2006年8月5日公開 111分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
I am 日本人
(C) 2006「I am 日本人」製作委員会

見どころ

日系アメリカ人の目を通して、現代の日本の姿を見つめ直した人間ドラマ。古き良き日本の心を持つヒロインが、カルチャーギャップと闘いながら成長する姿を温かく描く。本作でスクリーンデビューを飾った森本クリスティーナが、等身大のヒロインを生き生きと演じている。“熱い男”森田健作が製作、企画、原案、脚本と出演の5役を担当。国際化の波に押され気味の日本人に、日本人本来の美しさを思い出させてくれる秀作。

あらすじ

カリフォルニア育ちの日系三世のエミー(森本クリスティーナ)は高校卒業後、憧れの日本への留学を決意する。彼女は叔父(森田健作)のところに下宿することになるが、洋風の家具に埋め尽くされた彼の部屋に驚く。今の日本には、日系一世の祖父から聞かされていた“日本”の姿はどこにもなくなっていた。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • ギャガ・コミュニケーションズ
カラー/ビスタサイズ/ステレオ
(新宿オスカー)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]