シネマトゥデイ

日本の自転車泥棒 (2006)

2006年12月1日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
日本の自転車泥棒
(C) 2006「日本の自転車泥棒」製作委員会

見どころ

ケガで引退した元競輪選手の中年男が、何台もの自転車を盗みながらひたすら旅を続ける異色のロードムービー。CMディレクター出身の高橋忠和が本作で初メガホンを取り、『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』の杉本哲太を主演に迎え、人生でやり残したことを見つける旅に出る男の悲哀と葛藤を描く。岩手県の釜石から500キロ離れた東京の池袋まで、ワンシーン以外スタントなしでひたすら自転車をこぎ続けた杉本の純朴(じゅんぼく)な熱演が感動を誘う。

あらすじ

ケガが元でリタイアした元競輪選手の斎藤鉄男(杉本哲太)は、製鉄所の工員として働く日々を送っていた。ある朝、鉄男の頭の中に“ジャン、ジャン、ジャン”という音が鳴り響き、鉄男はその音に導かれるように自転車を盗んでしまう。思うに任せてペダルを漕ぎ始めた鉄男は、地元の釜石を飛び出し、吹雪の仙人峠を越えていく。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督
プロデューサー
統括プロデューサー
脚本
撮影
編集
照明
録音

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • シネマ・アンジェリカ
(シネマアンジェリカ)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]