穴場をねらえ! 生スターに会える絶好のチャンス!

第19回東京国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『こおろぎ』の鈴木京香 - (c)2006アイコット/パグポイント/葵プロモーション

 10月21日から29日まで六本木と渋谷で開催されている第19回東京国際映画祭には、毎日たくさんの俳優が訪れている。普段めったにお目にかかれない映画スターやタレントにじかに会う絶好のチャンスでもある。特にティーチ・インと呼ばれるイベントは、監督やタレントがマスコミではなく観客からの質問に答えてくれるというめったにない機会だ。

 映画祭期間中、100以上の映画が上映されるが、それだけにまだチケットが残っている作品がある。映画祭で上映する映画は日本での配給などが決まっていない作品も多く、名作もたくさん隠れている。意外な大スターが意外な作品に出ていたりもするが、だれもそれに気が付かず、大スターが現れても会場がガラガラということも……。

 せっかく東京で開催される世界有数の映画祭、日本映画界の今後の発展のためにも盛り上げたい。チケットはまだ購入可能なのでこの機会にGO!だ。

[PR]

 生スターに会うなら、特にねらい目は10月29日に上映される『シルク』の江口洋介。江口はティーチ・インにも参加予定。ほかにも、『日本の自転車泥棒』に杉本哲太。27日の『こおろぎ』には鈴木京香、『今村昌平特集 11’09”01/セプテンバー11』には麻生久美子などをはじめいくつかの映画が、24日の時点でチケットがまだ購入可能だ。

第19回東京国際映画祭チケットは上映当日の午前0時から、インターネットで購入できる。
tohotheater.jp

また、渋谷Bunkamura、恵比寿・東京写真美術館では当日午前10時より、各劇場窓口でも発売。

第19回東京国際映画祭公式サイト
tiff-jp.net

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]