キング罪の王 (2005)

2006年11月18日公開 105分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
キング罪の王

見どころ

まだ見ぬ実の父親に会いに行った青年が、初めて会う父に自分の存在を拒否されたのを機に復しゅうの権化となっていく姿を描いた衝撃のサスペンス・ドラマ。主人公の青年エルビスを演じるのは『バッド・エデュケーション』のガエル・ガルシア・ベルナル。彼の父を『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のウィリアム・ハートが演じる。あらゆるタブーを冒していく主人公にふんしたガエルの美しい怪演と、ショッキング極まりないストーリーは必見。

あらすじ

海軍を退役し、まだ見ぬ父デビッド(ウィリアム・ハート)に会うためテキサスの田舎町を訪れたエルビス(ガエル・ガルシア・ベルナル)。しかし、今は裕福な牧師として妻子とともに暮らすデビッドは、エルビスの存在を拒否。絶望したエルビスは父の娘であり、自分とも血がつながった妹マレリー(ペル・ジェームズ)を誘惑する。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
THE KING
製作国
アメリカ
配給
  • メディア・スーツ
カラー/スコープサイズ/ドルビーSRD
(アミューズCQN)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]