ザ・マークスマン (2005)

2006年9月16日公開 94分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ザ・マークスマン

見どころ

チェチェン反乱軍による核兵器工場破壊を阻止する、アメリカ特殊部隊の活躍を描くミリタリー・アクション。『ブレイド』シリーズのウェズリー・スナイプスが凄腕のエージェントにふんし、武道家として鍛えた鋼のような肉体と鋭い身のこなしで、壮絶なアクション・シーンの数々を披露する。そのほかのスナイプス主演作品『デトネイター』『7セカンズ』の2本と合わせて、「ウェズリー・スナイプス大運動会」と銘打って連続公開される。

あらすじ

エージェントのペインター(ウェズリーー・スナイプス)が森で軍事演習を行っているころ、ロシアの核兵器工場がチェチェンの反乱軍に占拠されてしまう。仕掛けられたミサイルが発射する前に反乱軍から工場を奪還し、核破壊を回避しなくてはならない。その特命を受けたアメリカ特殊部隊は軍の威信を賭けて事態の収拾に臨む。

[PR]

映画詳細データ

英題
The Marksman
製作国
アメリカ
配給
  • ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー
(銀座シネパトス ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]