TANNKA 短歌 (2006)

2006年11月11日公開 101分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
TANNKA 短歌
(C) 2006『TANNKA』製作委員会

見どころ

歌人の俵万智の処女小説「トリアングル」を基にした官能的なラブストーリー。2人の男性の間で揺れ動きながら自身も人間として成長していく主人公の姿を追う。これが映画初主演となる『SHINOBI』の黒谷友香は、その見事な肢体を披露し、成熟した大人の魅力を見せつけた。監督は本作で初めてメガホンをとった作詞家の阿木燿子。移ろいゆく主人公の心情を代弁する短歌の挿入や、ベリーダンスシーンなど見どころが満載。

あらすじ

33歳のフリーライターの薫里(黒谷友香)は、長年カメラマンのM(村上弘明)と不倫関係にあった。前向きな彼女は恋に仕事に夢中で充実した毎日を送っていたが、ある日年下のバイオリニストの圭(黄川田将也)と関係を持ったことから彼女の心は揺れ始める。最初は2人の男性の間を自由に行き来していた彼女だったが……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
TANNKA
製作国
日本
配給
  • 東映
カラー/ドルビーデジタル/R-15
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]