シネマトゥデイ

ユアン少年と小さな英雄 (2005)

2007年3月24日公開 104分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ユアン少年と小さな英雄

見どころ

19世紀のスコットランドに実在し、人々の間で愛された忠犬ボビーの史実を基にしたハートウォーミング・ストーリー。監督は『床下の小さな住人たち』のジョン・ヘンダーソン。オーディションで選ばれた11歳の新人オリバー・ゴールディンが主人公の少年ユアンを演じる。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのクリストファー・リーが特別出演。ボビーを演じるテリア犬のキュートな表情や絶妙な動きなど、人間に負けない“名演”に注目。

あらすじ

1958年のスコットランド、エディンバラで、母と貧困地区に暮らす少年ユアン(オリバー・ゴールディング)は、警察官ジョン・グレイ(トーマス・ロックヤー)の犬ボビーと大の仲良し。しかし、ある日、グレイが重い病気を患って死んでしてしまう。飼い主を失って哀しみにくれるボビーは、グレイの墓地で暮らすようになる。

[PR]

映画詳細データ

英題
GRAYFRIAR'S BOBBY
製作国
イギリス
配給
  • アルバトロス・フィルム
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSR
(シャンテ シネ ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]