シネマトゥデイ

相棒 シティ・オブ・バイオレンス (2006)

2007年3月10日公開 94分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
相棒 シティ・オブ・バイオレンス
(C) 2006 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved.

見どころ

昔の仲間たちが運命のいたずらにより決別するアクション・フィルムノワール。親友の死をきっかけに、かつての友と袂(たもと)を分かつ男たちの悲哀を怒とうのアクションで見せる。『クライング・フィスト』のリュ・スンワン監督は本作で製作、監督、脚本と主演の四役を務め、540度回転蹴りという離れ業(わざ)を披露。武術監督も兼任する『風のファイター』のチョン・ドゥホンと二人で挑んだラストの殴り込みシーンは映画史に残る名場面。

あらすじ

ソウル警察の刑事テス(チョン・ドゥホン)は旧友ワンジェ(アン・キルガン)の訃報を受け、故郷の忠清道に戻る。彼は斎場で親友のピロ(イ・ボムス)やドンファン(チョン・ソギョン)、その弟のソックァン(リュ・スンワン)らと再会する。テスはワンジェを殺害した犯人が逃走中と聞き、ソックァンと捜査を始めるが……。

[PR]

映画詳細データ

英題
CITY OF VIOLENCE
製作国
韓国
配給
  • エスピーオー
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル/R-15
(シネマート六本木 ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]