シネマトゥデイ

おばちゃんチップス (2006)

2007年1月27日公開 112分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
おばちゃんチップス
(C) 2006年「おばちゃんチップス」製作委員会

見どころ

方言の研究に東京から大阪に来た中年男の恋と近所の人々との交流を、涙と笑いで描いたハートフル・コメディ。大阪経済大学の学生が発表した企画を基に映画化され、『タナカヒロシのすべて』の田中誠が監督を務める。主演は2時間ドラマの帝王として不動の地位を誇る船越英一郎。彼に想いを寄せるヒロインを、本作が映画初出演となる歌手misonoが好演。おばちゃんたちの勝手放題ぶりに圧倒されながらも、下町の人情に心が和む。

あらすじ

家弓修平(船越英一郎)は方言を研究するため、東京での生活を捨て大阪にやってくる。情に厚い千春(京唄子)が営む昔ながらの雑貨屋「樋元商店」に下宿した彼は、向かいのアパートに住むホステスの麻衣子(misono)や、店を訪れる勝手放題のおばちゃんたちに圧倒されながらも、気立てのよさで皆の心をつかんでゆく。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • ファントム・フィルム
カラー/ビスタサイズ/dtsステレオ
(シアターN渋谷)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]