ロストロポーヴィチ 人生の祭典 (2006)

2007年4月21日公開 101分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ロストロポーヴィチ 人生の祭典
(C) フィルムカンパニー・ステルフ、スタジオベーレク、スヴァログ・フィルム

見どころ

20世紀最大のチェリスト、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチと、彼の妻でロシアの国民的オペラ歌手ガリーナ・ヴィシネフスカヤの波乱の半生を描くドキュメンタリー。ソ連時代に反体制芸術家として扱われた当時の苦悩や芸術への情熱を、ロシアの鬼才監督アレクサンドル・ソクーロフが映し出す。ロストロポーヴィチ“人生最後の初演”であり、チェロ演奏の最後ともなった、 小澤征爾が指揮するウィーン・フィルとの演奏風景も見どころ。

あらすじ

激動の20世紀を生き抜いてきた世界的チェリスト、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチと、彼の妻でロシアの国民的オペラ歌手ガリーナ・ヴィシネフスカヤ。波乱の人生や芸術への信念を、アレクサンドル・ソクーロフ監督のインタビューで語る。さらに小澤征爾が指揮するウィーン・フィルとの演奏風景も映し出してゆく。

[PR]

映画詳細データ

英題
ELEGY OF LIFE: ROSTROPOVICH, VISHNEVSKAYA
製作国
ロシア
配給
  • デジタルサイト
カラー/HD/ステレオ/
(シアター・イメージフォーラム)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]