シネマトゥデイ

不完全なふたり (2005)

2007年6月30日公開 108分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
不完全なふたり

見どころ

『パリ、ジュテーム』の諏訪敦彦監督が、ある男女の愛をオール・パリロケ&全編フランス語で作り上げた大人の恋愛映画。愛し合いながらも相手を傷つけずにはいられないカップルの深い孤独をえぐり出す。主演は『ふたりの5つの分かれ路』のヴァレリア・ブルーニ・テデスキと、『情痴 アヴァンチュール』のブリュノ・トデスキーニ。ほぼ即興で演じられたという二人の実力派俳優によるリアルな表情やしぐさに圧倒される。

あらすじ

マリー(ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ)とニコラ(ブリュノ・トデスキーニ)は、友人の結婚式に出るためにリスボンからパリにやって来る。結婚して15年の彼らの仲は冷めきっており、ホテルでもエキストラベッドを頼んで別々に寝るほどだ。友人との夕食の席で、夫が離婚話を持ち出したことからさらに二人の間は険悪になる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
UN COUPLE PARFAIT
製作国
フランス/日本
配給
  • ビターズ・エンド
カラー/ドルビーSR
(新宿武蔵野館 ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]