シネマトゥデイ

テレビばかり見てると馬鹿になる (2007)

2007年 6月9日公開 85分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
テレビばかり見てると馬鹿になる
(C) 2007 山本直樹 / AMGエンタテインメント 

見どころ

山本直樹原作のコミックを映画化した、現代の若者たちの姿をリアルにとらえた問題作。『心中エレジー』などの鬼才、亀井亨監督が引きこもりの若い女性と中年のカウンセラーのテンポのズレたやり取りをコミカルに描く。本作がスクリーンデビューとなるアダルトビデオ界のアイドル穂花がヒロインを熱演。共演の『虹の女神』の三浦アキフミらと堂々と渡り合う。社会の歪みをブラックユーモアたっぷりに映し出す監督の手腕が光る。

あらすじ

有紀(穂花)は高校卒業後に一度就職するが仕事を辞め、この5年間、ゴミの山の中で引きこもりの生活を送っている。彼女の部屋を訪れるのは有紀の生活をネット配信している伊藤(三浦アキフミ)と、恋人気取りの山崎(大橋てつじ)だけだった。そんなある日、支援センターから馬戸(田村泰二郎)という男性がやって来る。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・脚本・編集
原作
企画・製作
プロデューサー
撮影
照明
録音
美術
音響効果
助監督
衣装
ヘアメイク

映画詳細データ

英題
WATCHING FUCKI'N TV ALL THE TIME MAKES A FOOL
製作国
日本
配給
  • バイオタイド
カラー/ステレオ/ビスタサイズ
(ポレポレ東中野)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]