ボーイ・ミーツ・プサン (2006)

2007年9月22日公開 80分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ボーイ・ミーツ・プサン

見どころ

韓国の釜山(プサン)を舞台に、そこで偶然出会った男女のつかの間の交流を描いた青春ドラマ。言葉も通じない土地で戸惑いながらも異文化交流を楽しむ主人公を、『美しい夏キリシマ』の柄本佑が自然体で演じる。個性的なヨーコ役には、テレビドラマ「時効警察」シリーズの江口のりこ。監督は、井筒和幸や李相日らの下で助監督を務め、本作で監督デビューを果たす武正晴。釜山国際映画祭の協力によって撮影された、現地の活気をとらえたリアルな映像が印象深い。

あらすじ

観光用プロモーション撮影のため、たった1人で韓国の釜山に派遣された新米監督クリハラ(柄本佑)。 ガイドとも出会えず、言葉も分からぬ異国の地をさまよい歩くうちに、開催中の釜山国際映画祭に紛れ込んでしまう。そんなとき、風変わりな日本人女性ヨーコ(江口のりこ)と出会い、意気投合した2人は一緒に釜山観光をすることになり……。

[PR]

映画詳細データ

英題
BOY MEETS PUSAN
製作国
日本
配給
  • ブレス
カラー/DLP
(渋谷シネ・ラ・セット)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]