青空のルーレット (2007)

2007年11月3日公開 103分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
青空のルーレット
(C) 2007「青空のルーレット」製作委員会

見どころ

太宰治賞受賞作家、辻内智貴の同名小説を映画化した青春ドラマ。高層ビルの窓ふきをしながら、自らの夢を実現しようとする若者たちの青春と友情を、『花』の西谷真一監督がさわやかに描き出す。プロのミュージシャンを目指す主人公を、『パッチギ!』の塩谷瞬が熱演。彼と惹(ひ)かれ合う耳の聞こえない女性役に、NHKドラマ「ちりとてちん」のヒロインに抜てきされた貫地谷しほり。現実は厳しくとも、夢をあきらめない登場人物たちの姿が共感を誘う。

あらすじ

ミュージシャン志望のタツオ(塩谷瞬)や作家を目指す40歳の萩原(嶋尾康史)らは、ビルの窓ふきをしながら夢を追っていた。タツオは公園でバンドの練習中に、耳の聞こえない加奈子(貫地谷しほり)と出会い親しくなる。そんなある日、窓ふき仲間の1人が仕事中に転落し、重傷を負ってしまう。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • パンドラ
カラー/ビスタサイズ/DTS
(テアトル新宿)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]