1303号室 (2007)

2007年10月27日公開 94分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
1303号室
(C) 2007 THE MONTECRISTO FUND LLC.

見どころ

大石圭の同名の小説を『吉祥天女』の及川中監督が映画化した戦慄(せんりつ)のジャパニーズ・ホラー。妹の死の原因を探る内に、あるマンションの部屋で次々と起こる怪死の謎に取り憑かれていく姉の苦悩をリアルに描写する。ヒロインを体当たりで演じるのは『夕凪の街桜の国』の中越典子。共演者には『サッド ヴァケイション』の板谷由夏や『恋空』の深田あきら多彩な顔ぶれがそろった。世界20か国以上での公開が決定した、実力作の恐怖は必見。

あらすじ

真利子(中越典子)の妹は、海が見渡せる高級マンションに引っ越してすぐにベランダから身投げをする。妹の突然の死を不信に思った彼女は、荷物の整理かたがた1303号室を訪れる。何か手がかりはないかと1302号室のドアをノックすると、その部屋に住む少女は、隣の部屋の女の人はみんな死んでしまうのだと不吉なことを言い始め……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
APARTMENT 1303
製作国
アメリカ
配給
  • スリー・ジー・コミュニケーションズ
カラー/ビスタサイズ/DTS/PG-12
(銀座シネパトス ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]