レンブラントの夜警 (2007)

2008年1月12日公開 139分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
レンブラントの夜警
(C) Nightwatching B.V. 2007

見どころ

『コックと泥棒、その妻と愛人』などの鬼才ピーター・グリーナウェイ監督が、巨匠レンブラントの人生の転落の謎に迫る。市民文化が花開いた17世紀のアムステルダムを舞台に、人生の絶頂期にあった人気画家がある1枚の絵をきっかけに転がり落ちて行く様をドラマチックに見せる。『銀河ヒッチハイク・ガイド』のマーティン・フリーマンが苦悩する画家を熱演。当時の風俗を再現した重厚な雰囲気と、スリリングな謎解きを十分堪能できる。

あらすじ

1641年、オランダのアムステルダムで35歳のレンブラント(マーティン・フリーマン)は、画家としての成功と大いなる富を手にしていた。妻(エヴァ・バーシッスル)は無事男の子を出産し、彼の人生は順調に進むかに見えた。だが、アムステルダム市警団から集団肖像画を依頼され、渋々その仕事を引き受けたことで彼の運命は大きく変化する。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
NIGHTWATCHING
製作国
カナダ/フランス/ドイツ/ポーランド/オランダ/イギリス
配給
  • 東京テアトル/ムービーアイ
カラー/シネマスコープサイズ/ドルビーデジタル/R-15
(新宿テアトルタイムズスクエア)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]