シネマトゥデイ

マリッジリング (2007)

2007年12月8日公開 99分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マリッジリング

見どころ

『失楽園』『愛の流刑地』と同じく、不倫を描いた渡辺淳一の恋愛小説を映画化。先の2作よりも静かに、不倫におぼれていく男女の境遇や心情がリアルにつづられる。監督は『のんきな姉さん』でデビューを飾った異才・七里圭。保阪尚希とテレビドラマ「天までとどけ」シリーズの小橋めぐみが、妻子や恋人がいながらも不倫相手に魅せられていく男女を熱演する。結婚と自立のはざまで揺れる女性の心理を見事にとらえている。

あらすじ

飲料水会社に務める普通のOL千波(小橋めぐみ)。仕事が忙しい恋人の佳介(高橋一生)は部屋に来てくれてもすぐに眠ってしまい、千波は寂しい思いを募らせていた。そんなとき、千波は異動してきたばかりの桑村(保阪尚希)に食事に誘われる。妻子のいる桑村のさりげない優しさに触れるうち、千波は体も心も桑村へと吸い寄せられていく。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • アートポート
カラー/R-15
(銀座シネパトス ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]