シネマトゥデイ

ファクトリー・ガール (2006)

2008年4月19日公開 91分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ファクトリー・ガール
(C) 2006 Factory Girl,LLC

見どころ

ポップ・アートの旗手アンディ・ウォーホルのミューズとして知られ、今もファッションやカルチャーに影響を与えるイーディ・セジウィックの波乱の人生を描く伝記映画。1960年代のポップ・アイコンとなり時代の光と影を体現した彼女を、『カサノバ』のシエナ・ミラーが熱演する。ウォーホルにガイ・ピアース、イーディの心を動かしたロックスターにヘイデン・クリステンセンがふんする。1960年代モードの頂点にあったイーディのファッションも見どころだ。

あらすじ

1965年、名門令嬢のイーディ・セジウィック(シエナ・ミラー)は、ポップ・アートの旗手アンディ・ウォーホル(ガイ・ピアース)と出会う。瞬く間にウォーホルを魅了した彼女は、彼の“ファクトリー”でも中心的存在になってゆく。その美ぼうと圧倒的存在感でメディアの注目を浴びるようになったイーディは、時代のミューズとなる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
FACTORY GIRL
製作国
アメリカ
配給
  • ファントム・フィルム
  • AMGエンタテインメント
  • エイベックス・エンタテインメント
カラー・モノクロ/アメリカンヴィスタ/ドルビーデジタル/R-15
(シネマライズ ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]