泪壺 (2007)

2008年3月1日公開 110分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
泪壺
(C) 2007 アートポート/渡辺淳一・講談社

見どころ

『失楽園』『愛の流刑地』などで知られる渡辺淳一の短編小説を映画化した純愛ドラマ。亡き妻の遺骨から作られたつぼをめぐる3人の男女の愛の行方を、『MOON CHILD』の瀬々敬久監督が描き出す。1人の男性を20年も思い続けるヒロインを、『菊次郎の夏』の小島可奈子が熱演。共演には『キャプテントキオ』のいしだ壱成、バラエティー番組などで活躍する佐藤藍子、『魁!!男塾』の三浦誠己ら多彩なキャストがそろっている。

あらすじ

作家を目指す雄介(いしだ壱成)は、若くして亡くなった妻、愁子(佐藤藍子)の遺言に従い、彼女の遺骨から白磁のつぼを作る。それから2年後、雄介は愁子の姉で、かつて自分に思いを寄せていた朋代(小島可奈子)と偶然に再会。気落ちする彼の支えになりたい朋代だったが、亡き妹のつぼを見ると罪の意識を感じてしまい……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • アートポート
35ミリ/カラー/DTSステレオ/ヴィスタサイズ/R-15
(銀座シネパトス ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]