シネマトゥデイ

コレラの時代の愛 (2007)

2008年8月9日公開 137分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
コレラの時代の愛
(C) Copyright 2007 Cholera Love Productions,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

見どころ

ノーベル文学賞作家ガブリエル・ガルシア=マルケスの名作を、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のマイク・ニューウェルが映画化。内戦とコレラのまん延に揺れる19世紀末から20世紀前半のコロンビアを舞台に、半世紀にわたって一人の女性への思いを貫いた男の純愛を描く。主演は『ノーカントリー』のオスカー俳優ハビエル・バルデム。多くの女性からの求愛に体で応えながら、心の貞節を守り続けた男の憎めない生きざまを感じ取りたい。

あらすじ

1897年、コロンビア。郵便局員のフロレンティーノ(ハビエル・バルデム)は配達先の令嬢フェルミナ(ジョヴァンナ・メッツォジョルノ)と恋に落ちる。しかし、身分の違いから引き離され、フェルミナは医師のフベニル(ベンジャミン・ブラット)と結婚。フロレンティーノは何年でも彼女を待ち続けると心に誓う。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
LOVE IN THE TIME OF CHOLERA
製作国
アメリカ
配給
  • ギャガ・コミュニケーションズ
カラー/スコープサイズ/ドルビーSR/ドルビーデジタル/SDDS/PG-12
(シャンテ シネ ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]