シネマトゥデイ

ルー・リード/ベルリン (2007)

2008年9月27日公開 85分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ルー・リード/ベルリン

見どころ

ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドを脱退後、ソロアーティストとして活動してきたルー・リードのライブ・パフォーマンスを追うドキュメンタリー。2006年のニューヨークで、1973年に発表した伝説のアルバム「ベルリン」の全曲を演奏する模様がつづられていく。監督は『潜水服は蝶の夢を見る』のジュリアン・シュナーベル。アルバムの世界を再現すべくジュリアン監督が手掛けたステージセットや、随所に挿入されるショートフィルムも見どころ。

あらすじ

東西に分断されたベルリンの夜を、男女の愛に置き換えて表現した全10曲の野心作「ベルリン」。1973年の発表当時、商業的に失敗したこのアルバムを長きに渡って封印してきたルー・リードは、2006年、真冬のニューヨークで「ベルリン」の全曲をパフォーマンスすることに。33年の年月を経て、自らが生んだ曲の数々を披露していく。

[PR]

映画詳細データ

英題
LOU REED'S BERLIN
製作国
アメリカ
配給
  • バップ
  • ロングライド
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル/PG-12
(シネクイント)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]