シネマトゥデイ

シリアの花嫁 (2004)

2009年2月21日公開 97分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
シリアの花嫁

見どころ

軍事境界線を越えたシリア側の男性と結婚することになった、イスラエル占領下のゴラン高原の村に住む花嫁の決意と運命をつづる感動ドラマ。監督のエラン・リクリスは自身のゴラン高原の旅の経験を脚本に盛り込み、一度越えたら家族とも二度と会えない境界線をめぐる結婚のエピソードを複雑な中東情勢を背景に描き出す。花嫁の妹を心配する姉に国際派女優のヒアム・アッバス。未来へ踏み出そうとする姉妹の行動に胸が熱くなる。

あらすじ

イスラエル占領下のマジュダルシャムス村では村娘のモナ(クララ・クーリー)が結婚の準備をしていたが、姉アマル(ヒアム・アッバス)は境界線を越えるとシリア国籍が確定してイスラエルへの入国が不可能になる妹を案じていた。モナは決意を胸に境界線へと向かうが、通行手続きをめぐるトラブルに巻き込まれてしまう。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
THE SYRIAN BRIDE
製作国
イスラエル/フランス/ドイツ
配給
  • シグロ
  • ビターズ・エンド
カラー/ドルビーSRD/シネマスコープ
(岩波ホール)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]