シネマトゥデイ

ガマの油 (2008)

2009年6月6日公開 133分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ガマの油
(C) 2008『ガマの油』製作委員会

見どころ

国内のみならず、海外でも評価の高い役所広司が、初めてメガホンを取った心温まる人間ドラマ。一人息子の交通事故をきっかけに、息子のガールフレンドや幼友だちとのきずなを深めていく奔放な父親との交流を優しくつづる。原案、監督、主演の3役をこなすのはもちろん役所。その息子役に『銀色のシーズン』の瑛太、母親役に『めがね』の小林聡美ら実力派が顔をそろえる。苦境に立たされても、それをバネに明るく生きようとする人々のたくましさに励まされる。

あらすじ

拓郎(役所広司)の息子卓也(瑛太)は、少年院から出所する幼なじみの秋葉(澤屋敷純一)を迎えに行く途中に事故に遭い意識を失う。株のデイトレーダーとして巨額の資金を動かす拓郎も妻の輝美(小林聡美)も動揺するが、しばらくの間秋葉を自宅に預かることにする。そんな折り、何も知らない卓也の恋人の光(二階堂ふみ)が電話をかけてくる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • ファントム・フィルム
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSRD
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]