シネマトゥデイ

U2 3D (2008)

2009年3月7日公開 85分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
U2 3D
(C) National Geographic

見どころ

世界的ロックバンドU2の、「ヴァーティゴ・ツアー」の模様を最新のデジタル3D技術を駆使して収めたコンサート・フィルム。南米4か国で行われた公演に総勢140人のスタッフが密着し、U2の躍動感あふれるパフォーマンスや観客の熱狂を映し出す。監督は、長年彼らのツアーにかかわってきたキャサリン・オーウェンズと、代表曲「ワン」のPVを手掛けたマーク・ペリントン。ライブに居合わせたかのような臨場感を体感できる3D映像は圧巻だ。

あらすじ

世界的ロックバンドU2が2005年からスタートさせた、「ヴァーティゴ・ツアー」のメキシコ、ブラジル、チリ、アルゼンチンの南米4か国で行われた公演に密着。「ヴァーティゴ」「ニュー・イヤーズ・デイ」などの代表曲を演奏するメンバーのパフォーマンスや、盛り上がる観客の様子を最新のデジタル3D技術を駆使してとらえる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督
製作総指揮
撮影監督
3Dデジタル映像プロデューサー

映画詳細データ

製作国
アメリカ
配給
  • ナショナル・ジオグラフィック・エンターテイメント
  • さらい
カラー/デジタル3D
(新宿バルト9 ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]