シネマトゥデイ

バーダー・マインホフ 理想の果てに (2008)

2009年7月25日公開 150分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
バーダー・マインホフ 理想の果てに

見どころ

1970年代に、ヨーロッパを震撼(しんかん)させたドイツ赤軍による、実話を基にした作品。とある二人の若者によって結成されたグループの歴史と末路を映し出す。主演は、『善き人のためのソナタ』のマルティナ・ゲデック、『ミュンヘン』のモーリッツ・ブライブトロイ。監督は『クリスチーネ・F』のウーリー・エデル。当初掲げた理想とかけ離れてしまい、銀行強盗・ハイジャックなどの犯罪に手を染めた彼らの行く末までを活写した意欲作だ。

あらすじ

1970年代に、ドイツでアンドレアス・バーダー(モーリッツ・ブライブトロイ)とウルリケ・マインホフ(マルティナ・ゲデック)によってドイツ赤軍が結成された。彼らは最初に掲げた理想とはかけ離れた行動を繰り返し、ついには犯罪に手を染めることになっていく。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
THE BAADER MEINHOF COMPLEX
製作国
ドイツ
配給
  • ムービーアイ
カラー/ビスタサイズ
(シネマライズ)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]