超迫力トークバトル!新右翼団体一水会顧問VS.元日本赤軍所属の監督VS.哲学者

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
新右翼団体一水会顧問の鈴木邦男氏と元日本赤軍所属で映画監督の足立正生氏

 元日本赤軍所属で映画監督の足立正生氏と新右翼団体一水会顧問の鈴木邦男氏、そしてドイツ哲学者の三島憲一氏が4日、映画『バーダー・マインホフ 理想の果てに』のトークイベントに参加し、舌戦を繰り広げた。

映画『バーダー・マインホフ 理想の果てに』写真ギャラリー

 阿佐ヶ谷ロフトAで行われた今回のトークイベントには多数の観客が詰めかけ、途中客席からヤジが飛ぶなど、3人が持つ深い知識とそれぞれの思想に熱い視線が集中していた。

[PR]

 1970年代に、ヨーロッパを震撼(しんかん)させたドイツ赤軍による、実話を基にした本作にちなみ、当時日本で起こった学生運動について「明治維新だと考えて、右派も左派も、理想や正義のために行動を起こした。坂本龍馬を見習えと。だから司馬遼太郎の本は、赤軍の人もよど号事件を起こした人たちも、僕も読んでいましたね」と鈴木氏は、司馬が当時の運動の原動力だったと持論を述べた。

 その発言に対して牙を向いたのは、ドイツ哲学者の三島氏で「あんなにくだらない作家はいない。明治の国を作った人には汚職がまったくなかったなど、司馬遼太郎はウソつきだ。わたしは大嫌いで、耐えがたい」とバッサり。足立氏も「司馬の書く本は、ときどき英雄一人が歴史を作ったという風になるときがあるでしょ。民衆が歴史を作ったと考える僕としては解せないわけ。好きなのはわかるけど、それを信じて支持する理由って何ですか?」と鈴木氏を攻める展開に。パネラーとして参加したものの、2人のパネラーに否定されてしまった鈴木氏は「司馬遼太郎はまだいい方ですよ。よど号事件を起こした人なんて漫画の『あしたのジョー』に影響されているんですからね。右派も左派もそういったくだらないものに影響されていた学生運動だから、その程度だったんでしょうね」と総括し、会場の笑いを誘った。

映画『バーダー・マインホフ 理想の果てに』はシネマライズほかにて全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]