シネマトゥデイ

ぼくとママの黄色い自転車 (2009)

2009年8月22日公開 95分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ぼくとママの黄色い自転車
(C) 2009「ぼくとママの黄色い自転車」製作委員会

見どころ

パリにいるはずの母親が瀬戸内海にいると確信した小学校3年生の男の子が、自転車に乗って旅立つ姿を描く感動ドラマ。直木賞候補にもなった作家・新堂冬樹の「僕の行く道」を原作に、『子ぎつねヘレン』の今井雅子が脚本を担当し、同じく河野圭太が監督を務めて映像化した。主演は『いま、会いにゆきます』の武井証。阿部サダヲ、鈴木京香が両親を好演。美しい瀬戸内海を背景に語られる家族のきずなと、その愛を問うドラマに胸打たれる。

あらすじ

父・一志(阿部サダヲ)と暮らす小学校3年生の大志(武井証)は、母・琴美(鈴木京香)はパリに留学中でデザイン学校に通っていると聞かされていたが、ふとしたことから母が瀬戸内海・小豆島にいるかもしれないと思い始める。大志は母からもらった大切な黄色い自転車に乗って、愛犬のアンを乗せて小豆島へと旅立つが……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • ティ・ジョイ
カラー/ビスタサイズ/DTS
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]