色香ムンムンの鈴木京香、子役の少年を母性全開で見守る!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
武井君はすごいんです(写真左から、阿部サダヲ、武井証、鈴木京香)

 22日、新宿バルト9にて、映画『ぼくとママの黄色い自転車』初日舞台あいさつが行われ、出演者の鈴木京香阿部サダヲ、子役の武井証、原作者で作家の新堂冬樹、そして河野圭太監督が登壇した。

映画『ぼくとママの黄色い自転車』写真ギャラリー

 本作で主演の小学3年生・大志を演じたのは、『いま、会いにゆきます』の映画版、テレビ版に出演し名子役と呼ばれる武井。これまで行われたイベントでも大人顔負けのしっかりした発言で周囲を感心させていたが、この日も子役とは思えぬコメントを連発した。司会者からの「武井君にとって、『演じる』とは?」という抽象的な質問に「自分であって、自分じゃない。もう一人の自分を見つけることができるものだと思っています」。将来の目標については「また会いたい、また(一緒に仕事を)やってみたい、と周りから思ってもらえるような役者さんになりたい」ときっぱり。そんな武井に、父親を演じた阿部は「武井君の次にコメントするとクォリティーが下がってしまうんですけど(笑)」と苦笑していた。

[PR]

 一方、母親を演じた鈴木はこの日ベージュのセクシーなワンピース姿で登場し、大人の女の色香を発揮。「夏休みに子どもが成長する様を、一緒にひと夏を過ごす気分で楽しんでもらえたらうれしい」と観客へメッセージを送った。隣でやや緊張気味にコメントする武井を母親のような優しいまなざしで見守り、ときには肩に手を置くなどして役柄同様の母性も垣間見せていた。

 『ぼくとママの黄色い自転車』は、新堂冬樹のベストセラー小説「僕の行く道」を映画化した感動作。横浜から自転車で小豆島を目指す小学3年生の男の子の冒険を通して、親子の絆、少年を取り巻く人々との温かい交流を情感豊かに描く。

映画『ぼくとママの黄色い自転車』は新宿バルト9ほかにて公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]