シネマトゥデイ

気狂いピエロ (1965)

1967年7月7日公開 105分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

『勝手にしやがれ』のジャン=リュック・ゴダール監督と、ジャン=ポール・ベルモンドが再びタッグを組んで放つヌーベルバーグ不朽の名作。刹那的な逃避行を繰り返す男女の姿を、斬新な色使いと詩情たっぷりに描き出す。ヒロインを務めるのは、公私共にゴダール監督のミューズであった『女は女である』などのアンナ・カリーナ。ロードムービー、ラブストーリー、ミュージカルなどさまざまな要素を詰め込んだ傑作。

あらすじ

リッチな妻との毎日に嫌気が差していたフェルディナン(ジャン=ポール・ベルモンド)はある晩、ベビーシッターとしてやって来た元恋人マリアンヌ(アンナ・カリーナ)と再会。パーティーを途中で抜けた彼はマリアンヌを車で送り届けてそのまま一夜を過ごす。翌朝目を覚ましたフェルディナンは、首にハサミが突き刺さった男の死体を発見して動揺する。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・脚本・台詞
原作
製作
撮影
美術
音楽

映画詳細データ

製作国
フランス/イタリア
配給
  • オンリー・ハーツ
カラー
(新宿K's cinema(2016年公開時))

前売券特典

オリジナル・ポストカード(2016年公開時)
オリジナル・ポストカード(2016年公開時)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]