アンナ・カリーナさん79歳で死去 『女は女である』『気狂いピエロ』など

『気狂いピエロ』でのアンナ・カリーナさん
『気狂いピエロ』でのアンナ・カリーナさん - Pathe / Contemporary Films / Photofest / ゲッティ イメージズ

 ヌーベルバーグを代表する女優のアンナ・カリーナさんが現地時間14日、ガンのため79歳で死去した。アンナさんのエージェントが発表した。

【画像】美しい…『女は女である』でのアンナ・カリーナさん

 デンマークで生まれ、女優を目指して十代でパリへと渡ったアンナさん。モデルとしても活躍したほか、ジャン=リュック・ゴダール監督に見初められ、彼のミューズとして『女は女である』(1961)、『女と男のいる舗道』(1962)、『はなればなれに』(1964)、『気狂いピエロ』(1965)、『アルファヴィル』(1965)などに出演した。ゴダール監督とは1961年~1964年まで結婚。『女は女である』では第11回ベルリン国際映画祭女優賞に輝いている。

 ゴダール以外にも、ルキノ・ヴィスコンティクリス・マルケルジャック・リヴェットフォルカー・シュレンドルフライナー・ヴェルナー・ファスビンダーら名だたる監督たちとの仕事で知られるアンナさんの死には、映画ファンやフィルムメイカーたちから悲しみの声が上がっている。アンナさんの最期は、4人目の夫で、アメリカ人監督のデニス・ベリーが看取ったという。(編集部・市川遥)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]