NOISE (2005)

2009年7月11日公開 115分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
NOISE

見どころ

パンクバンドのソニック・ユースが2人ずつにわかれたユニットでパフォーマンスを行った、2005年のフランスでのロック・フェスティバルを追うドキュメンタリー。『パリ、ジュテーム』の監督であるオリヴィエ・アサイヤスがフェスティバルのディレクションを行い、自らドキュメンタリーを製作。ソニック・ユースの特別ユニットはもちろん、歌手活動もする『ランジェ公爵夫人』のジャンヌ・バリバールが出演するなど、さまざまなパフォーマンスは必見。

あらすじ

2005年6月、フランスのアート・ロック・フェスティバルにて、白紙委任状を託された映画監督オリヴィエ・アサイヤスが声をかけた世界中のアーティストが集結。ソニック・ユースの4人のメンバーが、サーストン・ムーアとキム・ゴードン、そしてリー・ラナルドとスティーヴ・シェリーの各ユニットを組んで前衛的なパフォーマンスを試みる。

[PR]

映画詳細データ

英題
NOISE
製作国
フランス
カラー/ビスタサイズ
(吉祥寺バウスシアター)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]