シネマトゥデイ

地球に落ちて来た男 (1976)

1977年2月11日公開 139分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
地球に落ちて来た男
(C) 1976 Studiocanal Films Ltd. All rights reserved.

見どころ

『ハスラー』シリーズの原作者として知られる作家ウォルター・テヴィスのSF小説を、『美しき冒険旅行』などのニコラス・ローグ監督が映画化。美貌の異星人が地球でのビジネスで大成功を収めるも、思わぬ運命をたどるさまを描く。故郷の星を救うため地球に降り立った異星人の葛藤を、音楽、映像、ファッションとジャンルを超えて活躍し、多くの人々に影響を与えた世界的ロックスター、デヴィッド・ボウイが体現する。

あらすじ

一人地球に降り立った美しい顔立ちの異星人(デヴィッド・ボウイ)。彼は、人知を超えた特許を生かして弁護士と一緒に巨大企業を築き、事業は大成功を収める。謎の大富豪の暮らしぶりはアメリカ中の注目を浴びるが、一方で彼のことを良く思っていない人々もいて……。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
5

1

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
THE MAN WHO FELL TO EARTH
製作国
イギリス
配給・提供
  • boid
提供
  • 京都みなみ会館
カラー/デジタル
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]