シネマトゥデイ

倫敦(ロンドン)から来た男 (2007)

2009年12月12日公開 138分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
倫敦(ロンドン)から来た男

見どころ

ハンガリーの鬼才タル・ベーラが前作『ヴェルクマイスター・ハーモニー』から7年ぶりに放つノワール・サスペンス。「メグレ警視」シリーズで知られる文豪ジョルジュ・シムノンの同名小説を原作に、偶然にも殺人を目撃したことから運命が大きく狂いだしていく鉄道員の姿を描く。『フィクサー』のティルダ・スウィントンや、ハンガリーやチェコで活躍するベテラン俳優が出演。長回しを用いた独自のカメラワーク、陰影に富んだモノクロームの映像美が異彩を放つ。

あらすじ

とある港町、毎晩ガラスの檻のような制御室から漆黒の港と駅を見下ろしている鉄道員のマロワン(ミロスラヴ・クロボット)。ある夜、彼はロンドンから来たブラウン(デルジ・ヤーノシュ)が殺人を犯した現場を目撃してしまう。そして、殺された男が持っていたトランクをマロワンが海中から見つけ出すと、中には大量の札束が入っていた……。

[PR]

映画詳細データ

英題
THE MAN FROM LONDON
製作国
ハンガリー/ドイツ/フランス
配給
  • ビターズ・エンド
35ミリ/ヨーロピアンビスタ/ドルビーデジタル
(シアター・イメージフォーラム ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]