シネマトゥデイ

映画 日本国憲法 (2005)

2013年4月27日公開 78分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

平和を守るために戦争を放棄することをうたった、日本国憲法が題材のドキュメンタリー。自衛隊イラク派遣を契機に、本格的に論議されることが多くなった憲法第9条について、世界各国の識者たちへのインタビューを敢行。さまざまな彼らの見解や解釈を通して、平和憲法と呼ばれる同憲法が日本以外からどのように見られているのか、改正する必要性はあるのかなどを探る。メガホンを取るのは『老人と海』『チョムスキー 9.11』などの作品で知られる、ジャン・ユンカーマン。

あらすじ

前文や第9条で戦争の放棄を誓っているものの、それらの改正を求める声も常に上がっている日本国憲法。平和憲法と呼ばれ、世界的にも類を見ないといわれる同憲法の存在意義を客観的に見つめようと、ピュリツァー賞受賞者でもある歴史家ジョン・ダワー、政治学者のC・ダグラス・スミス、パリ在住の社会学者・日高六郎、GHQ民政局員として憲法草案作成に関わったベアテ・シロタ・ゴードンなど、国籍も世代も違う知識人たちや当事者などにインタビュー。それぞれの解釈や憲法制定の経緯などが語られていく。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • シグロ
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]