シネマトゥデイ

ゲキ×シネ「蜉蝣峠」 (2009)

2010年2月13日公開 167分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ゲキ×シネ「蜉蝣峠」
(C) 2010 ヴィレッヂ 劇団☆新感線

見どころ

人気劇団の劇団☆新感線がクドカンこと宮藤官九郎を脚本に迎え、2009年春に上演した時代活劇を映像化した「ゲキ×シネ」シリーズ作品。世間の法と秩序から外れたアウトローたちの生きざまを描く。劇団☆新感線の人気役者・古田新太をはじめ、堤真一、高岡早紀、勝地涼、木村了ら実力派キャストが豪華競演。豪快なステージ演出と重厚な物語が人気の定番シリーズ「いのうえ歌舞伎」と、クドカン独特の笑いのセンスと毒が融合した舞台を、最新のデジタル映像で楽しめる。

あらすじ

自身の名前以外の記憶が一切ない男・闇太郎(古田新太)は、蜉蝣峠と呼ばれる峠を下った先にある宿場町を訪れる。極道者たちが勢力争いを繰り広げ荒廃しきった町で、彼の知り合いだという女・お泪(高岡早紀)に出会う。過去の記憶がない闇太郎に、飯屋の主人が25年前に起きたある事件の話を始め、次第に闇太郎の過去が明らかになっていく。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • ヴィレッヂ
  • ティ・ジョイ
カラー/5.1chサラウンド
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]