どなたでもご覧になれます

劇場版“文学少女” (2010)

2010年5月1日公開 103分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
劇場版“文学少女”
(C) 2010 Mizuki Nomura / PUBLISHED BY ENTERBRAIN, INC. / “文学少女”製作委員会

見どころ

原作のライトノベルが累計150万部を突破するなど、高い人気を誇る野村美月の「文学少女」シリーズを劇場アニメ化。本をちぎって食べてしまうくらい物語を愛する文学少女と、彼女に翻弄(ほんろう)される後輩が活躍する学園ミステリー。「ワールド・デストラクション ~世界撲滅の六人~」の多田俊介が監督を務めている。文学小説や作家が鍵となって展開するユニークなストーリーと、こだわりのアニメーション映像に注目だ。

あらすじ

物語や文学を愛するあまり、本当に本を食べてしまう文学少女、遠子。そんな彼女の秘密を知ってしまった新入生・心葉は、文学部に無理やり入部させられ、遠子のためにおやつを書く日々を送ることになる。ある日、遠子のおやつのために設置した“恋愛相談ポスト”に1通の手紙が……。

[PR]

キャスト

スタッフ

監督
原作
脚本
キャラクター原案
キャラクターデザイン
音楽

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • ティー・オーエンタテインメント
カラー
(シネ・リーブル池袋 ほか)
リンク
公式サイト

前売券特典

“文学少女”創造画集(ラフスケッチ)
“文学少女”創造画集(ラフスケッチ)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]