BUNGO -日本文学シネマ- グッド・バイ (2010)

2010年5月9日公開 30分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
BUNGO -日本文学シネマ- グッド・バイ
(C) 日本文学シネマ製作委員会

見どころ

文豪・太宰治が死の前日まで書いていた未完の絶筆を、『真夏のオリオン』の篠原哲雄監督が映像化した文芸ドラマ。妻子と静かに暮らすため、妻といつわった絶世の美女を連れて10人の愛人たちに別れを切り出す男の姿を描く。太宰を思わせる主人公には、俳優としても活躍するミュージシャンの山崎まさよし、彼の妻に成り済ます美女を『のだめカンタービレ 最終楽章』の水川あさみが演じる。太宰最後の境地を垣間見るような独特のユーモアあふれる世界観に注目。

あらすじ

10人の愛人を作ってどうにも身動きのとれなくなった田島(山崎まさよし)は、全部いっぺんに別れて静かに暮らそうと決意する。しかし、そんな簡単に皆と別れられるものかと考えた結果、妙案を思いつく。普段は汚らしいが実は絶世の美女であるキヌ子(水川あさみ)を妻といつわり、それぞれの愛人を一緒に回るという作戦に乗り出すが……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督
原作
脚本
主題歌
エンディングテーマ

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • アニプレックス
カラー
(シネセゾン渋谷)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]