どなたでもご覧になれます

×ゲーム(バツゲーム) (2010)

2010年9月18日公開 115分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
×ゲーム(バツゲーム)
(C) 2010山田悠介・幻冬舎 / 「×ゲーム」製作委員会

見どころ

『リアル鬼ごっこ』シリーズの原作者としても知られる山田悠介のサスペンス・ホラー小説を映画化。小学校時代のいじめに端を発する復讐(ふくしゅう)劇に巻き込まれた青年たちの苦闘が展開する。壮絶ないじめ、“×ゲーム”への参加を余儀なくされる主人公を演じるのは、D-BOYSの荒木宏文。同じD-BOYSの三上真史やAKB48の菊地あやか、仲川遥香らが脇を固める。原作を基に考えられた映画版オリジナルの展開と、ひと味違う結末が楽しめる。

あらすじ

小学校時代に行われていたいじめ、“×ゲーム”。それは、赤いブリキ箱にいじめの内容を書いたクジを入れ、クジを引いては書かれたことを実行するというものだった。12年後、“×ゲーム”が行われていた小学校の教師が突如自殺。他殺ではないかと考えた当時の生徒、英明(荒木宏文)は、12年前のいじめられっ子を疑い始める。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • ジョリー・ロジャー
カラー
リンク
公式サイト

前売券特典

罰ゲームガチャガチャ
罰ゲームガチャガチャ

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]