どなたでもご覧になれます

七瀬ふたたび プロローグ (2010)

2010年10月2日公開 9分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
七瀬ふたたび プロローグ
(C) 2010「七瀬ふたたび」製作委員会

見どころ

しょこたんこと中川翔子が監督を務めた、『七瀬ふたたび』のプロローグとなる9分の短編ムービー。『七瀬ふたたび』の主人公、火田七瀬のトラウマや、どのように人生を歩んできたのかを明かしていくアナザーストーリーが展開する。原作の筒井康隆の作品を昔から読んでいたことがきっかけで監督に抜てきされた中川監督が、自ら絵コンテを作るなどの意気込みで挑んだ初監督作品を、本編鑑賞前に堪能したい。

あらすじ

人の心を読んでしまう能力を持つ七瀬(庵原涼香)は、自分の母(多岐川裕美)が、若い男(佐々木崇雄)に心を奪われていることを知ってしまう。この能力は、誰にも知られてはならないと感じた七瀬だったが、人の心を読むたびに社会の汚れた面を知ることになり……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督
監修
原作

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • IMJエンタテインメント
  • マジックアワー
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]