佐藤江梨子、司会者にブチギレ!「取り戻したい過去がたくさんある」と意味深発言も!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
美しい超能力者! -芦名星、佐藤江梨子

 初の映画化となる筒井康隆原作の映画『七瀬ふたたび』の初日舞台あいさつが2日、シネ・リーブル池袋で行われ、主演の芦名星佐藤江梨子ダンテ・カーヴァー今井悠貴(子役)、吉田栄作、そして小中和哉監督が登壇した。

映画『七瀬ふたたび』写真ギャラリー

 本作は超能力者の苦悩や葛藤(かっとう)、さらには敵組織との攻防を描いた異色SFで、過去に4回、テレビドラマ化されている筒井作品の人気シリーズ。この日は、美しきテレパス(読心能力者)七瀬を演じる芦名を筆頭に、タイムトラベラー役の佐藤、念動力者を演じるダンテ、七瀬と同じパワーを持つ少年役の今井、さらに七瀬らを襲う最強の能力役の吉田が勢ぞろい。なんと、登壇キャスト全員が超能力者役という超異例の舞台あいさつとなった。

[PR]

 芦名は「苦しさや孤独と戦う切ない能力者が描かれている 。この映画を観ていただければ、特殊な能力は持っていないほうがいいと思うはず」と語り、自分自身も超能力はいらないとコメント。一方の佐藤は「わたしはタイムトラベルしたいですね。取り戻したい過去がたくさんあるんで」と意味深発言。また、司会者から「原作は読んだんですか?」とある意味失礼な質問が飛ぶと、「もちろん、読んでますよ! 何だと思ってるんですか。わたしは仕事で来てるんですよ」と声を荒げる場面も。すぐさま「大きな声出してすみません」と平謝りだった。

 この日、祖父母が来場したという今井は「じぃじ、お誕生日おめでとう」と孫として100点満点のあいさつ。さらに新婚ホヤホヤのダンテの奥さんも来場するなど、客席全体が祝福ムードに包まれていた。

 『七瀬ふたたび』は1970年代初頭の刊行から現在まで、累計430万部を誇る筒井の大ベストセラー・シリーズを初めて映画化した作品。テレパスの七瀬は、同じ苦しみを共有する仲間たちと手を取り合い、能力者を狩る暗黒組織に戦いを挑むのだが……。公開劇場では、タレントの中川翔子が初監督した短編映画『七瀬ふたたび プロローグ』が同時上映中だ。

映画『七瀬ふたたび』はシネ・リーブル池袋、シアターN渋谷ほか全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]