シネマトゥデイ

ナナとカオル (2010)

2011年3月12日公開 80分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ナナとカオル
(C) 甘詰留太 / 白泉社・バップ

見どころ

幼なじみの高校生の男女がふとしたことからお互いの性癖を確認し合い、2人だけの秘密のSMレッスンを始めてしまう妄想ラブストーリー。「ヤングアニマル」「ヤングアニマル嵐」誌上に連載された甘詰留太による大人気コミックを原作に、『ユメ十夜』の清水厚監督が思春期の淡い恋心とSMというフェティシズムを混在させた青春ドラマを演出。単なるSMプレイを超え、ピュアな感情さえ抱かせる主人公の男女のひたむきな姿に共感する。

あらすじ

童貞のカオルは、幼なじみで大人の女性へと成長を遂げていく同じ高校のヒロイン、ナナへの妄想が止まらず、彼女にボンデージの衣装を着てもらうことを夢見ていた。ある日、妄想が現実と化したのか、ナナがM気質あふれ出るボンデージを着て突然現れ、Sの欲望がわき上がったカオルは、2人だけの秘密のプレイを開始する。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・脚本
原作
音楽
緊縛指導

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • バップ
カラー/ビスタサイズ
(渋谷ユーロスペース)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]