シネマトゥデイ

見えないほどの遠くの空を (2011)

2011年6月11日公開 99分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
見えないほどの遠くの空を
(C) 2010「見えないほどの遠くの空を」製作委員会

見どころ

主演女優の死によって映画を完成させられなかった学生監督が、複雑な心のドラマを展開させるヒューマン・ストーリー。脚本家やケラリーノ・サンドロヴィッチ監督作などのプロデューサーとして活躍してきた榎本憲男が監督デビュー。『色即ぜねれいしょん』の森岡龍が主人公の映画監督、『ばかもの』の岡本奈月が主演女優を演じる。シリアスなテーマを扱いながら、二転三転して意外な結末を迎えるストーリーの行方に注目だ。

あらすじ

映研の仲間たちと共に、学生生活最後の作品となる『ここにいるだけ』を撮影する監督の賢(森岡龍)。賢は、主演女優の莉沙(岡本奈月)と衝突しながらも最後のショットを撮影しようとするが、雨で中断を余儀なくされる。撮影再開の前日、不慮の事故で莉沙が死亡。本編が未完のまま1年が過ぎたころ、賢は死んだ莉沙にそっくりな女性を街で見掛け……。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • ドゥールー
  • コミュニティアド
カラー/ステレオ/HD
(ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]