シネマ歌舞伎 女殺油地獄 (2011)

2011年6月18日公開 110分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
シネマ歌舞伎 女殺油地獄
(C) 松竹株式会社

見どころ

歌舞伎の演目としても知られる近松門左衛門の世話浄瑠璃で、2009年の片岡仁左衛門主演舞台を映像化した、シネマ歌舞伎第13弾。借金を抱えて金策に奔走するも失敗し、女を殺すに至る狂気に満ちた与兵衛の姿を描く。東京・東銀座の歌舞伎座取り壊しの前に行われた「歌舞伎座さよなら公演」の一公演ということもあり、片岡仁左衛門が当たり役の河内屋与兵衛を熱演。油まみれで繰り広げられる壮絶な立ち回りを、スクリーンで堪能したい。

あらすじ

複雑な家庭環境に生まれたことから、荒れた生活を送る与兵衛(片岡仁左衛門)。実家の油屋河内屋の金を持ち出して遊んだあげく、借金も積み重なっていた。両親は同業のお吉(片岡孝太郎)に頭を下げて金を借りてくれるが到底足りず、今度は与兵衛がお吉のもとを訪れる。しかし、お吉が金を貸すことを拒否したため、与兵衛は逆上してしまい……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 松竹
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]