シネマトゥデイ

はだしのゲンが見たヒロシマ (2011)

2011年8月6日公開 77分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
はだしのゲンが見たヒロシマ
(C) 2011 シグロ、トモコーポレーション

見どころ

漫画家の中沢啓治が自身の広島での被爆体験を基に、マンガ「はだしのゲン」を創作した経緯について語った衝撃のドキュメンタリー。自分は奇跡的に一命をとりとめたものの、一度に父と姉、そして弟を亡くした彼の生々しい被爆体験を披露しつつ、平和の大切さを静かに問う。作者はマンガの主人公ゲンに思いを託し、つらいときこそ空元気で生き抜く知恵と共に戦争や核兵器反対を訴える。体験した者のみが知る原爆の地獄の苦しみに言葉を失う。

あらすじ

2009年、戦争や原爆をテーマにした作品を多く発表してきた漫画家の中沢啓治は、広島の平和記念公園で中国新聞の取材を受けていた。彼は1945年8月6日に広島で被爆した自身の半生について口を開く。戦後念願の漫画家になった彼は、次世代の子どもたちに向けて平和へのメッセージを込め、「はだしのゲン」を描くことを決意したという。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督
聞き手・企画
製作
撮影
編集
整音
音楽
撮影助手
宣伝デザイン

映画詳細データ

製作国
日本
製作
  • シグロ
  • トモコーポレーション
カラー/HDV/ステレオ
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]