シネマトゥデイ

アンダー・コントロール (2011)

2011年11月12日公開 98分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アンダー・コントロール
(C) 2011 credo:film in cooperation with WDR and ARTE.

見どころ

3年の月日をかけてドイツとオーストリアの原発関連施設を巡ったドキュメンタリー。原子力発電所の制御室や原子炉建屋の内部、放射性廃棄物の貯蔵施設などの貴重な映像をカメラが次々ととらえていく。ドイツ人のフォルカー・ザッテル監督がメガホンを取り、実際に原発関連の仕事に従事する人々や、いくつもの原発のリアルな姿を映し出す。あくまで冷静な視点からとらえた原発の未来を占う体験型映像に、さまざまな思いが胸に浮かんでくる。

あらすじ

ドイツのメルケル政権は福島での原発事故をきっかけに、2022年末までにすべての原発を停止させることを決定。1950年代から核の平和利用を目的とした開発が始まった原子力エネルギーは、世界的に見直しが検討され始めている。ドイツでは巨費を投じて原発解体の作業が進み、その跡地を遊園地に再利用するなどの試みもなされている。

関連記事

すべて見る »

[PR]

スタッフ

監督・脚本

映画詳細データ

英題
UNTER KONTROLLE
製作国
ドイツ
配給
  • ダゲレオ出版
カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]