シネマトゥデイ

症例X (2008)

2011年10月8日公開 67分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

統合失調症と認知症を併発する70歳になる母を在宅介護で支える30代の息子が、仕事と介護の日々を繰り返す生活を送りながら、親と子の関係について再考する姿を描く人間ドラマ。本作で第20回PFFスカラシップの権利を獲得し、2010年に監督を務めた『家族X』も公開される新鋭・吉田光希が介護をテーマに、普遍的な親子の関係や親と他者の境界線について問い直す。シーンごとにディスカッションを重ね、撮影現場での感覚を重視した模索するような映像でつづられる、一組の母と子の情景に心奪われる。

あらすじ

有島謙一(坂本匡在)は、統合失調症を患う母の敏江(宮重キヨ子)と暮らしているが、数年前から敏江が認知症を併発し、徐々に進行しつつあることもわかっていた。そんな事情でも謙一は母の在宅介護を続けるが、いつからか敏江は日々を床で過ごすようになり、無気力な日々を送っていた。一方、仕事と介護を繰り返す生活を続けていた謙一は……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・脚本・編集・照明

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • リトルモア
カラー/デジタル/ビスタサイズ
(渋谷ユーロスペース)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]