シネマトゥデイ

聖者たちの食卓 (2011)

2014年9月27日公開 65分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

インドのパンジャーブ地方にあるシク教総本山ハリマンディル・サーヒブで、日々巡礼者や旅行者に無料で提供される10万食の食事の舞台裏に迫るドキュメンタリー。約300人の奉仕者たちの手作業による膨大な量の食事が出来上がり、人々の口に入るまでを刻々と映し出す。監督は映像作家のフィリップ・ヴィチュスとヴァレリー・ベルト。老若男女が集い、人海戦術でまるで魔法のように完成する食事の神々しさに心打たれる。

あらすじ

インド北西部アムリツァルにあるシク教寺院ハリマンディル・サーヒブでは、毎日10万食を人々に提供するため早朝からサバダールと呼ばれる奉仕者たちが作業を開始する。彼らは野菜の下ごしらえをし、チャパティをこねて焼き、カレーやサラダを用意する。ここでは宗教も人種も階級も関係なく、みんなが平等に手にした食事を共に口にする。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
2

1

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
HIMSELF HE COOKS
製作国
ベルギー
配給
  • アップリンク
カラー/16:9
(アップリンクほか)
リンク
公式サイト

前売券特典

ターリー&インドカリー
ターリー&インドカリー

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]