シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

公式サイト:http://Disney.jp/Pirates
パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
英題:
PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MEN TELL NO TALES
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年7月1日
上映時間:
配給:
ウォルト・ディズニー・ジャパン
製作会社:
ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
カラー/シネマスコープ/5.1ch / 7.1ch ATMOS

見どころ:ジョニー・デップが孤高の海賊ジャック・スパロウを演じる、大ヒットシリーズ第5弾となるアクションアドベンチャー。ジャック・スパロウが、全ての海賊の滅亡をもくろむ“海の死神”サラザールとの闘いを繰り広げる。過去のシリーズにも出演してきたオーランド・ブルームやジェフリー・ラッシュのほか、悪役に『ノーカントリー』などのハビエル・バルデムがふんし、カヤ・スコデラーリオやブレントン・スウェイツらが共演。監督を、『コン・ティキ』のヨアヒム・ローニングとエスペン・サンドベリが務める。壮大なスケールで描かれる冒険とバトルに注目。

あらすじ:ヘンリー(ブレントン・スウェイツ)は、過去に伝説の海賊ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)と旅をした父のウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)の呪われた運命を、何とかしたいと考えていた。そこで海にまつわる伝説を調査したところ、呪いを解くには伝説の秘宝“ポセイドンの槍”が必要なことがわかる。その後、英国軍の水兵になったヘンリーが船に乗っていたところ、“海の死神”サラザール(ハビエル・バルデム)の襲撃に遭い……。

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

映画短評

  • 清水 節
    第1作への回帰、主要キャラ再登場…すべてはプロデュースの勝利
    ★★★★
    »読む«閉じる

     海洋映画の名手監督の起用、若き男女が呪いを解く物語の中心にいて、その周辺をジャックが飄々と立ち回る第1作に立ち返った構造、そして何より、満を持してのウィル&エリザベスの再登場。すべてはプロデュースの勝利だ。剣戟や大海獣といったスペクタクル要素に欠けるのは残念だが、3作目に登場していたヘンリーの成長譚として、宿敵バルボッサの完結譚として、見応えは十分。北を指さないコンパスや、瓶に閉じ込められたブラックパール号など、過去4作にちりばめられたネタを有効活用し、脚本テクニック的にも抜かりなし。邦題は見納め感を醸し出すが、続編やる気満々の幕切れ。かつて絶滅していた海賊映画サーガは終わりそうない。

  • 平沢 薫
    今回はストーリーが映画を牽引する!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     お約束の大空間を使ったアクションで魅せつつ、今回はシリーズ史上もっともストーリーが明確。それは新たな登場人物3人、ジャックと絡む若い男女とジャックの敵に、強い"動機"があるから。彼らの行動は"救いたい""知りたい""復讐したい"という自発的な意欲と強い感情によって裏打ちされている。これまでの誘拐や幽閉からの救出というような、何かに対する受動的な反応ではないのだ。ジャックは、自分の感情にも囚われない自由人というキャラ設定なので、感情に訴えかけるドラマは担えない。そこで、新たな登場人物たちにドラマを託したのは正解。ジャックはやっぱり、ストーリーの周囲をウロチョロしているのがよく似合う。

  • なかざわひでゆき
    賑やかで楽しい100%ピュアなアトラクション・ムービー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ジョニー・デップが久々にジャック・スパロウ役に挑むシリーズ5作目は、とにかく終始一貫して賑やかなことこの上なし。文字通りジェットコースターのごときスピード感と、特大級スケールのアクション、人を食ったようなユーモアで存分に楽しませてくれる。
     『コンティキ』の監督コンビを起用したことも大正解で、海洋アドベンチャーに必要不可欠な夢とロマンも盛りだくさん。ジェフリー・ラッシュ演じるキャプテン・バルボッサがね、また最後の最後で泣かせてくれるんですわ。
     ただ、よくよく振り返ると中身は本当にたわいない。というか薄っぺらい。いわば、100%ピュアなアトラクション・ムービー。それはそれで潔いんだけれどね。

  • 山縣みどり
    水戸黄門のような長寿シリーズになるのかな?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ジョニー・デップがせこく、だらしなく、酒浸りなパイレーツを生き生きと演じている。離婚騒動以来、気になっていた悪相化もヘビーメイクでカバーされ、動きも台詞回しもまさに水を得た魚。やはりスターのプライベートはそっとしておくに限ると実感した。海賊船バトルの場面はシリーズ史上最高にワイルドで、海洋撮影が得意な『コン・ティキ』の監督コンビの起用が効いた。オーリー&キーラに変わる若手も体を張って頑張っているが、出色はハビエル・バルデム。きも~い外見での怪演はお子さんには見せられない。役者魂よの~。前フリから最後まで予想を裏切ることのない展開と観客の涙を振り絞る設定もお約束で、水戸黄門化も近いね。

  • くれい響
    ノルウェー人監督コンビの才能が爆発!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    前作から6年ぶり、ウィルの息子・ヘンリーを主人公に迎えた仕切り直しのシリーズ第5作は、とにかく『コン・ティキ』の監督コンビがいい仕事をしている。シリーズの売りであるアトラクション性を継承しながらも、しっかり海洋アドベンチャーとしてのロマンを堪能させてくれるのだ。しかも、家族愛をテーマに、ジャックとバルボッサとの関係性やボトルシップとなったブラックパール号など、前作までの伏線をしっかり回収。『ワイルド・スピード』シリーズを意識したアクションや、『キング・オブ・エジプト』ファンならニヤリなシーンもあり、それでいてシリーズ最短の尺となる129分。シリーズ初となる4DXも体感したくなる仕上がりだ。

  • 猿渡 由紀
    文字通り、テーマパークの乗り物に乗っている気分
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    これでもか、これでもかと次々にいろんなことが起こる。追っかけっこ、剣の闘い、どたばたギャグ、“父と子”という感動の(?)テーマ、お馴染みキャラの過去の秘密も詰まっていて、まさにてんこ盛り。楽しませたいという意欲はたっぷり伝わってくるし、飽きはしないのだが、終わった後に、残るものがほとんどない。テーマパークのアトラクション体験みたいな感じだが、もともとがそこから生まれた映画だと思えば、間違ってはいないのか。ジョニー・デップはあいかわらず笑わせてくれるので、ファンはおそらくそこそこ満足するのでは。

予告編・動画

シリーズ集大成!『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』本予告編
若き日のジャック・スパロウが登場!映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』予告編
3面上映「ScreenX」で『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作を観るとこんな感じ!
斎藤工&板谷由夏が『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』など6月下旬~7月上旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010
  • 写真011
  • 写真012
  • 写真013
  • 写真014
  • 写真015

(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ポスター/チラシ

  • 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ポスター
    ポスター
  • 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』特製スマホカレンダー
    特製スマホカレンダー

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

脚本・ストーリー: ジェフ・ナサンソン
ストーリー・キャラクター原案: テリー・ロッシオ
プロダクションデザイン: ナイジェル・フェルプス

キャスト

ジャック・スパロウ:
サラザール:
ヘンリー・ターナー:
カリーナ・スミス:
キャプテン・バルボッサ:
エリザベス:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の映画ニュース

  • ディズニーの人気シリーズの最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が、公開から26日で累計興行収入50億7,859万2,200円を記録し、50億円の大台を突破したことを...た実写作品は先述の通りディズニー映画の『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』と『美女と野獣』。さすがのディズニーと...
  • いよいよ夏本番を迎えた土日2日間(22~23日)の全国映画動員ランキングが24日に興行通信社より発表され、『ペット』『SING/シング』などのイルミネーション・エンターテイ...万回を超えている。 3位は先週と変わらず『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』。今回は動員23万2,000人、興収3億5,800...
  • ティーンのファン投票で選ばれるティーン・チョイス・アワード2017のノミネーション第2弾が発表され、悪役賞などにノミネートされた面々が明らかになった。ベストキスや主役...イ 『スプリット』 ハビエル・バルデム 『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』 ルーク・エヴァンス 『美女と野獣』 プ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」@シネマサンシャイン平和島 from 新・辛口映画館 (2017年7月5日 0時4分)
    公開3日目の昼間。2D字幕版を上映するシアター1には、私を含めてたったの8人、驚きの客入りだ。この劇場は趙と前まで「アメイジングシアター」という音響に特化したプレミア館だったが、音響調整の不備があり、現在は通常料金の一般館として上映している。しかし、その音響は天井のスピーカーは鳴っていないが、キレッキレの大音響の大迫力サラウンドである。お近くの方は超おすすめの劇場だ。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊】騙されたと思って映画館で観たら面白い? from 元ボクサーの一念発起 (2017年7月1日 21時21分)
    ジャックVS海の死神! ジョニー・デップが孤高の海賊ジャック・スパロウを演じる、世界的大ヒットシリーズ第5弾となるアクション・アドベンチャー! いごっそう612 どうも、いごっそう612です!元ボクサーの一念発起へようこそ!今回は奥さんと観に行きました。 作品情報 原題:PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MEN TELL NO TALES洋画:アドベンチャー・アクション製作年:2017年製作国:アメリカ日本公開:2017年7月1日上映時間:129分公式サイト あらすじ ヘ&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年6月26日の週の公開作品
  3. 『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』