シネマトゥデイ

ベルヴィル・トーキョー (2011)

2013年3月30日公開 75分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

『わたしたちの宣戦布告』で注目を浴びたヴァレリー・ドンゼッリとジェレミー・エルカイムが主演のカップルを演じたラブストーリー。ヴァレリーとジェレミーが、妊娠中に夫の浮気によって苦しむ女性と、なかなか父親になる覚悟ができない男性のギャップを体現する。本作でメガホンを取るのは、これまでにドキュメンタリー作品を手掛け、本編が長編初監督となるエリーズ・ジラール。実際にパリの映画館で広報を担当していた監督ならではのセンスが光るこだわりの表現に感服する。

あらすじ

ヴェネチアへの出張に向かう映画評論家の夫ジュリアン(ジェレミー・エルカイム)は、駅で妻マリー(ヴァレリー・ドンゼッリ)にほかに愛する女性がいると思いも寄らないことを伝える。パリの名画座に勤務するマリーは、妊娠中にもかかわらず出張から戻って来たジュリアンを家から放り出す。それから、何度もしつこくジュリアンから電話がかかってきてマリーは閉口するが……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
BELLEVILLE TOKYO
製作国
フランス
配給
  • マーメイドフィルム
カラー/デジタル
リンク
公式サイト

前売券特典

エコバッグ(3回券限定)
エコバッグ(3回券限定)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]